Page 3 of 10

純文学なら『新潮新人賞』に応募する手段もある!

『新潮新人賞』は、雑誌『新潮』に掲載となる新潮社主催の新人賞です。募集しているのは文学系の作品であり、第40回からは小説部門のみとなっています。400字詰め原稿用紙換算で250枚までです。短編も応募可能です。

未発表作品に限りますし、同人誌に既に発表している作品や他の新人賞に応募している作品も応募できません。賞に関しては、正賞が特性の記念ブロンズ楯で副賞は50万円です。『新潮新人賞』は純文学系となる正統派な新人賞です。

高いレベルとなっていて、オリジナルの文体や文学観、そしてプロットについて質の高い作品の出来栄えが必要とされるでしょう。存在感を持ったキャラクターが登場し、“人間”といったものがしっかりと描かれている作品が受賞しやすいのではないでしょうか。

一人称や三人称に限らず、主人公に視点を合わせて主人公の心理描写をきっちりと抜かりなく行うことが非常に大事になってきます。辻褄が合わないということや、壊滅的になっていたとしても問題はないのです。

自身の書いた作品が納得できるものである上に文学性がある作品であるなら、きっと評価されるでしょう。作者がどれだけ苦しんだか、将来性がどの程度あるのかといった点がポイントとなります。

『新潮新人賞』の過去の受賞作品を見てみると、短編作も多いのですが受賞後に新作も一緒に併録する形で刊行されるという傾向になっています。2005年の第37回の際には現在審査員を務めている田中慎弥さんが受賞されています。

『冷たい水の羊』という作品での受賞でしたが、『新潮新人賞』の最終選考まで残ったという知らせを受けたことが、何よりも嬉しかったとご本人はおっしゃっています。誰かが読んでくれたのだという事自体にもこの際に実感できたとも言います。

その際には、アマチュアだったこともあってか手ごたえを感じたのです。田中さんが『新潮新人賞』に応募を決意したのは、『日蝕』という平野啓一郎さんの今の時代にはないような、文章や技術を持って書かれている作品が『新潮』に掲載されていたことがきっかけだったと言います。

応募をしたのは2度目であり、もし落選したら通常の仕事をしていく可能性もあったものの、サラリーマンとして他の仕事をすることは自身には向いていないだろうという考えもあったとしています。

田中さんが受賞された『冷たい水の羊』は酷いいじめを受けつつもそれがいじめだとは気づいていない男子中学生が描かれた作品です。自身がいじめに遭うということや関わることはほぼないとおっしゃっていますが、執筆するにあたり加害者側の立場から描こうとすると難しいこともあり、受けているいじめをいじめではないのだと考える主人公の視点で書くことにしたということです。

2010年の第42回には小山田浩子さんは2014年の第150回芥川賞を受賞しています。それに、次の年の『新潮新人賞』を受賞している滝口悠生さんは2015年の第37回野間文芸新人賞を受賞されていますし、翌年2016年には第154回芥川賞も受賞されているほどです。

こうしたことから、純文学系の『新潮新人賞』はとても波に乗っている新人賞であることが伺えるのではないでしょうか。

どうなっている?『群像新人文学賞』について

『群像新人文学賞』は講談社が主催する『群像』という雑誌の新人賞です。未発表の作品であることが条件であり、400字詰め原稿用紙換算枚数70枚から250枚が規定枚数です。1人で一遍までという規定もあります。

純文学系となる新人賞であり、250枚までとされてはいますが、短編でも構わないという点が特徴となっています。選考基準のレベルは高く、オリジナリティ溢れる作品が選ばれています。

ただ、ここ最近ではさほど目立った作家は出ていません。それでも、第57回目になる2014年の横山悠太さん著作の『吾輩ハ猫ニナル』や、2016年の『ジニのパズル』という崔実さんの著書は芥川賞の候補作にも選ばれたほどです。

元から長々とした文章が好まれる傾向にある新人賞なのですが、言葉や文章のリズムなどから人間性やストーリーを育むような作品や、エピソードをどの様に使うのか、スピード感はどうか、ユーモアがあるかといった点でオリジナリティがある作品の受賞が多いのがポイントとなっています。

ある方の見方からしますと、『群像新人文学賞』は頭が混乱しているような作品や、技巧が凝らされた作品が受賞していると感じていらっしゃいます。また、こちらの賞においては例えば第58回のケースでは応募総数は1762篇となっています。

受賞した作品だけではなく、その他の優秀作品も出版となる可能性があるために、応募者数が多いのです。大体6か月間ほどの審査期間があり、賞金は50万円です。もし受賞者が複数出た場合は分割となります。

ちなみに、『群像新人文学賞』では2016年の選考でお笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一さんが作品の応募をしており、第4次選考まで進んだというエピソードもある賞です。過去には村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』や、村上春樹さんの『風の歌を聴け』といった作品も受賞しているのです。

村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』の書評では、ドラッグに溺れ乱交を繰り返す若者が描かれている作品ですが、内容が過激であるということもあり評価は二分するところであるものの、村上龍さんの代表的な作品の1つであるという見方もあります。

こちらの作品に関しては、褒めることも否定することさえも簡単ではないという声もあるのです。テーマが薬物中毒などといったものになるため、素敵とは言い難い面もあるものの、深い隠されたテーマ性などを読み取ることも不可能ではないとも言われています。村上春樹さんの『風の歌を聴け』では、高校生の頃に読んだという方によると、その当時はあまり良くわからないつまらない作品だと感じたと言います。

それでも、10年が経ち読み返すとつまらないという気持ちはなくなったということです。ただ、謎に感じる部分は払拭できない点があるため、読みこなすことが難しいと感じたとおっしゃっています。

大人になってから読んだなら、物語が綿密に構成をされて配置がされている物なのだという点もわかったのです。この様に、『群像新人文学賞』を受賞する作品は奥が深いものが色々とあるということが伺えるのではないでしょうか。

『文学界新人賞』の傾向と対策について知っておこう!

『文学界新人賞』は100回以上を数える歴史ある新人賞です。『文学界』という雑誌に掲載され、文藝春秋の主催となっています。応募内容は、新人の未発表原稿に限っていて、同人雑誌や他の新人賞に応募した作品は応募不可です。

400字詰め原稿用紙で70枚から15枚以下という枚数規定である点が特徴です。賞金は50万円であり、商品も贈呈されます。また、2016年の第121回からはWeb上からの応募も受け付けています。

当新人賞は、年に2回の締め切りだったものが第121回より年に1回のみの締め切りとなりましたが、それ以外には変化はありません。第121回では2作品が同時受賞となり、多くの受賞作を出すという傾向も続いています。

同時受賞になるのは、選考委員の方の評価も分かれるところであり、良い意味でどれも同じくらいのレベルであり選び難いということではなく、似たり寄ったりと言った感じであるためということも、理由であると考えられます。

それに、選考委員側も『まだ入賞させるには早いかもしれない』などという具合に文学観を持つことやきちんとした信念を持ち選考に当たるということもなくなってきていることが見受けられるのです。

こうしたことは他の新人賞にもあり得ることであり、同時受賞が起こる要因の1つにもなっていると言えるでしょう。第121回の場合は受賞作がそれぞれに読みやすさが伺えた点がポイントとなっています。

読む側にとって読みやすい上に理解しやすいというところは、大事になりますし、受賞を目指すとしたら、まずは正しく伝わりやすい日本語を素直に書くことが大きな要素を占めるのではないでしょうか。

内容に関すると、受賞作を読んだ方の感想ではある受賞作の場合はテーマに対する臨場感や切迫した感じが乏しかったものの、今後への意欲も垣間見えるものとなっているといった感じとしています。

正しい文を書くということと、文章に情熱を込めることは正反対のようですが、実は同時に行うことが可能となるものです。実際に、賞自体のレベルは段々と落ち込んできてしまっていることもありますし、規定枚数も150枚以下と幾分書きやすくなっています。

よって、受賞の機会が割とある賞ではないかと考えらえるでしょう。文藝春秋の主催であることもあり、候補作品の中で1作は『文学界』への掲載となる作品が含まれます。もし文学界新人賞を受賞することができれば、継続して文学界に掲載されていくことになります。

そういったことからも、芥川賞にとても近い賞であるとも言われるのです。もし芥川賞作家を目指すならば、文学界新人賞に応募しない手はないということです。もし作家として羽ばたいていきたいという思いがあるなら、応募してみることも一案の賞なのではないでしょうか。

ちなみに、文藝春秋の編集をされていた方は、新人賞で受賞するためのポイントとして、これ以上は書けない、もう全てを出し切ったと言えるくらいの作品を書くことが大事であるという様なこともおっしゃっています。

さらに、きちんと伏線の回収ができていないなど、読者に変に疑問を抱かせるような作品は、その世界に入り込みにくくなるとも話されています。

新人賞に応募!その際の選考はどの様に行われるのか

作品を執筆し終えたなら、新人賞に応募をしたいと思うものではないでしょうか。そうなると、新人賞の選考に関しても気になるところではないでしょうか。新人賞に応募すると、審査をする期間が必要になります。

それぞれの賞により審査期間は異なるものですが、一般的には賞が決定するまでには応募を締め切ってから半年ほどはかかることを覚悟しましょう。中には4か月ほどで決まるケースもありますが、7か月ほどを要する賞もあります。

選考には1次と2次、そして最終といった過程があります。この3回が基本ですが、その中に3次選考が入るパターンもあります。最終選考の段階では、選考委員によって入賞の作品が決定されるのです。

厳しい審査を経て、最後まで残るのは5から6篇ほどとなるでしょう。応募総数は200篇のものもあれば1000篇となるものもあり、様々です。その中で大賞に選ばれるのはたった1篇であり、佳作や準入賞などを含めたとしても3篇から4篇ほどになります。

1次選考や2次選考の審査は業界の関係者が行っています。例えば、さほど有名ではない作家の方や、これまでに編集者をしていた方や今も編集者として活躍している方など様々います。

1次選考を担当する方は『下読み』と言われて、1人で50篇から100篇ほどを担当して、その中から2次選考に進出できる作品を選びだしています。最終選考になると、有名な作家などが担当することがあります。

選考での評価については、2種類あることをご存知でしょうか。絶対評価とはテーマ、構成力、人物造形力、ストーリーテリング、表現力といった作品自体の力を見ます。そして、小説家としての資質があるかオリジナリティ、将来性といったものがあるかどうかもチェックされます。

絶対評価は、主に1次選考で用いられます。相対評価とは、周りの候補作品とあなたの作品が比べられることになるでしょう。2次選考においては、絶対評価と相対評価の2種類で評価をされます。

選考する側の見方にもよりますが、これらの作品の中ではどれが特に優れているだろうかという点で選ばれることもあります。どういった選考にしろ、やはり他の候補作と比較されることは免れません。

もし候補者の中に昨年も選ばれた人がいたとしたら、その成長が認められるかもしれませんし、企業内部の事情というものもあります。色々な状況が考えられるわけですが、その中で新人賞を獲得するためには、どの様な条件下であっても他を寄せ付けないほどの高いレベルである絶対評価をもらうことができる作品を、あなたが書くしかありません。

他と比べて群を抜くほどの強さを持ち、個性のある作品を書き上げることで、新人賞が見えてきます。そのためには、作家自体も色々と自身で学ぶことが大事です。例えば、読書をすることも勉強になりますし、小説の教室に通うという方法もあります。

こうして学ぶ努力をしていくことで、新人賞が手に届くようになるのではないでしょうか。