Page 2 of 10

文章の上達の方法を学べる本を読もう!

文章を上達するためには、文章を上手に書くためのテクニックの指南となる本を読むのも1つの手段です。文章上達の本の中でも小説を書くためのものに焦点をあてたものを読むのがうってつけです。

『箱庭図書館』は文章の書き方を書いた本の中でも一風変わった雰囲気があります。乙一さんという作家の方が、集英社のWEB文芸RENZABUROに上げていたものをリメイクした6編からなる小説集となっています。

ネット上では元となっている作品も読むことができますので、どちらも読んで比べてみると、小説と作文がどう違うのかという点がわかりやすいのではないでしょうか。

小説を書き直すとすれば、上記の作品くらいの改稿はしなくてはいけないということです。この様な企画というのはあまり継続していくことはないと思われるため、今のうちに勉強をしてみることも良いでしょう。

また、『「自分の言葉」をもつ人になる 一流の作詞家が伝える文章メソッド』という本も選択肢です。杏里さんや平原綾香さんといったアーティストの作詞も手掛けている、吉元由美さんという作詞家の方が出した文章の書き方の本です。

作詞をする前の、言葉や文章、ストーリー、発想、センス、そして美的感覚などといったものを普段から成長させていく方法として、手順や自由連想法、妄想プロファイリング、さらにエピソード・ノートなどにより、具体的にどの様にして感性や言葉を育てていくのかが書かれています。

自身の心を第三者のような目線で見つめること、直観や深く掘り下げること、検証することなどといった点に関しても意識することがポイントになる本です。こうした面は小説を書くにあたっては大事なカギとなることですし、吉元由美さんも言葉は自身の分身であるとおっしゃっているほどです。

小説で人に感動を与えたいという方にはとても適しているのではないでしょうか。そして、『福田和也の超実践的「文章教室」 ~スゴ腕作家はなぜ魂を揺さぶる名文を書けたのか~ 』という本もあります。

こちらは福田和也さんという文芸評論家の方の本です。文章指南書であり『読む力』や『書く力』、『調べる力』の3章で構成されています。この本は、特に『読む力』の章に重点が置かれていることが伺えます。

文章を書くなら読書は外せないものですが、どういったことを読み取ってどれはどの様にして表現されているのか、書く側としてはそれを文章にどう活かしているのかと言った点までが書かれています。

文章力をつけるためのヒントが沢山盛り込まれていますし、読書をしても意味がわからないといった方にもお勧めできる本です。その他には、芥川賞作家である村田喜代子さんの書いた『縦横無尽の文章レッスン』という本も読んでみてはいかがでしょうか。

著者の村田喜代子さんは大学文学部の客員教授でもいらっしゃることもあり、大学での講義内容を元にして、文章の味わい方や書き方といったものを指導してくれています。小学校低学年の作文または戦前の天才少年の詩といったものがテキストとして使用されていて、素直に書くことやひねり、アイデアなどを学習することができるでしょう。

お金にしたい!Web小説を公開して収入を得ることは可能なのか

小説を書いて披露をする場は、昔であれば新人賞への応募くらいしかなかったかもしれません。しかし、今ではネット上にWeb小説として公開をすることのできるサイトが幾つもあります。1つのジャンルに特化しているサイトもありますし、作品に値段をつけて自身で販売することができるサイトもあります。

しかし、Web小説を公開することで収入を得ていくことは可能なのでしょうか。それはあり得ないわけではないのですが、簡単ではないと言えます。その理由としては、読者の方が無料の作品の方を読む傾向にあるということが挙げられます。

Web小説の場合は、少しでも値段がつけられたとしたら読者が減少してしまうケースがあるのです。キャンペーンで売り上げを寄付できるというものがあったとしても、値が付くとそこから読者が途絶えてしまうこともなきしにもあらずです。

どういった人が書いたかもわからない作品を、お金を払ってまでは読む気にならないということもあるのかもしれません。もしWeb小説を公開して値段をつけることで収入を得ようと思うなら、まずは作品を無料で公開してファンを獲得していき、お金を払って購入しても損はないと思ってもらうことが大事になります。

そうしてアクセス数が伸びたなら書籍化をすることができる機会も巡ってくる可能性もあります。なので、まずは面白いと思ってもらえる作品を生み出すことが必要となるでしょう。

Web小説を公開して販売したら小遣い程度なら稼げるだろうかと考えている方もいるのですが、そういった悩みに対しては、同人誌を作ってネット上で販売するという方法もあるのではないかというアドバイスもあります。

同人誌が並んでいるサイトを訪れる方はそもそもも同人誌を購入するつもりでやってくるものなので、もしかして気に入ってもらえれば購入してもらうことができ、収入に繋がることがあるかもしれないということです。

自身のブログやサイトで作品を公開しているというケースでは、ちゃんとした賞をとることや出版社の目に留まることはないという声があります。作品のレベルが高くないということもあり、僅かな値段であってもお金を使うのはもったいないと思われてしまうこともあるのです。

既に出版済みとなっている作品を自身のサイトで宣伝しているなら話は別ですが、そういったデビューをしている方でも、何作も無料作品を公開しているものなのです。ネット小説を良く利用するユーザーは、こうした点にも慣れていることから、プロの域に到達していない方が小説を小説サイトで販売することは好ましくないという見方もあることも覚えておきましょう。

公開するなら、小説を無料にしてサイトやブログの隅にアフィリエイトを張り付けるなどといった方法が適しているかもしれません。グーグルアドセンスなどといった広告を貼るといったシステムもありますが、こういったものでもクリック報酬型であれば自身の小説サイトの訪問者が興味を持ちクリックをしてくれれば、それが報酬となることがあるのです。

試してみてはいかがでしょうか。

作家になりたいなら読書も大切!その方法とは

作家になりたいなら、やはり読書も欠かせません。多くの本を読むことは、作家を目指す方にとってはとても重要なのです。それでも新人賞を取った方の中にはあまり本は読まないという方もいらっしゃるものです。

ただ、そういった方は2年か3年もすると消えて行ってしまうケースもあります。反対にずっと作家として継続できている方は、本を沢山読んで努力を重ねているでしょう。インタビューを聞いて『そうか、本を読まなくても作家にはなれるのか』と思ってしまったり、インタビューを受けていたその作家がそれから先も同じく活躍できているとは、あまり考えない方が賢明かもしれません。

読書をするとすれば、どういった内容のものをどの程度の量読むかにもかかってきます。作家になりたいのであれば、この点は大事なポイントとなるでしょう。ただ、何でもかんでも読めば良いというわけではありません。

効率的に読書をすることが求められるのです。もしあなたがこれまでにさほど本を読んでいないとしたら、自分と同じ方向性のジャンルの本の中でも特に有名な作品を100冊ほど選んでみます。

この際には上下巻となっているものやシリーズものはそれで1冊と考えます。ネットを駆使して人気の作家やベストセラーなどを探してみると、100冊ほどは割と時間もかからずに挙げることができるのではないでしょうか。

そうでなければ、本が好きな方が身近にいるならどういった本が適しているのかを聞いてみるのも一案です。このように、1つのジャンルに絞って探ってみると、どういった代表作があるのかということだけでなく、そのジャンルがどういった経緯で成長をしてきたのかという歴史さえも知ることができるでしょう。

それによって、今後どういった作品を書いていけば良いかという点が見えてくる可能性があります。ピックアップされた本を読んでいると、自然と本を読む習慣も身に着くことが考えられます。

読書を重ねていけば、あるジャンルの中においてどういった作品が優秀であるのかという点がわかってくるものです。その作品の優れている部分が、どういった具合に作られているのかを自身で探ってみます。

純文学であるなら、最初に文体や言葉の選び方、展開、最後において勉強になるなと思える作品を選ぶのです。エンターテイメント作品であれば、人物相関図やプロット、登場人物のプロフィールといったものになります。

さらに、作家としてどういった時代性が受け入れられるのか、またはフレッシュな感覚を得るために本を読みましょう。

例えば、1人の作家に焦点をあててその作家が出す作品を追っていくという方法も手段の1つになるかもしれません。選ぶなら、好きな作家であり好きな物語にすることもうってつけです。

そして、応募したいと考えている新人賞が既に決まっているのなら、その新人賞の関係する文芸誌を読んでいくという事も大事です。これまで読んだことのない作家や今多く読まれている作家のことを学ぶことができるでしょう。

エンタメ系を書いている方は『すばる文学賞』もねらい目!

エンターテイメント小説を書いていらっしゃる方が新人賞に応募をするなら、『すばる文学賞』を選択されるのはいかがでしょうか。『すばる文学賞』は集英社の主催であり『すばる』という雑誌に掲載されます。

応募できる原稿は未発表のものに限られます。既に同人誌などに発表している作品や、『すばる文学賞』の発表よりも前に発表となる予定の賞に応募をしている場合には対象外となります。賞に関しては、正賞が記念品であり、副賞が100万円となっていて高額であることも大きな特徴と言えるでしょう。

規定枚数は400字詰め原稿用紙換算で100枚程度から300枚となっているのですが、“程度”としたのは受賞してから一冊にまとまる枚数であることが望ましいと考えられます。小説として商業出版していない方が受賞しているものであり、受賞作品は出版となる傾向もあってか、第38回には1413篇もの応募がありました。

『すばる文学賞』は、新人文学賞の中でもエンターテイメント性の強い賞となっている点が特徴です。もっと言うなら、エンターテイメントにより近い文学作品が評価される傾向にあります。

そうしたことから、それだけ設定に斬新さが求められることや物語を読み手にきちんと伝える力などが文学性に加えて求められることになるでしょう。こちらの賞では、混沌としていて複雑になっている現代を生きる若者が描かれた作品が受賞するという傾向もあります。

毎年のように実力を持った作家が成長していき、恒常的に作品を文芸誌に発表しているのです。また、受賞したらそのままということはなく、受賞後も編集者の方がきちんと指導を行ってくれるという点も特徴です。

純文学を読む方以外にはさほど知名度がないという点はありますが、あまり派手ということはなくても長く作家として続けていくことのできる賞ではないでしょうか。また、選考委員には豪華な作家の方が名を連ねていることもポイントです。

江國香織さんや奥泉光さん、角田光代さんそして高橋源一郎さんなどが審査をしてくれるということです。さらに、『すばる』には『小説すばる新人賞』という賞もありますが、こちらでは映画化もされた、朝井リョウさん作の『桐島、部活やめるってよ』も2009年の第22回で受賞しています。

10代の頃の息苦しい感じを、10代の作者が描くストーリーが素晴らしいという様な評価もある作品です。こちらの賞はジャンルは何でもOKであり、すばるの読者が若いことや女性の支持が高いことも特徴です。

よって、『桐島、部活やめるってよ』のような青春ものや歴史もの、ハードボイルド、ファンタジーなど色々な作品が応募されています。作品の質の高さも重要であるため、ハードルは決して低くはありませんが、読者がどういったものを好むのかと言った点や、今後そういった小説が流行るのかといった点にはアンテナを張っています。

なので、そういった点で突破している作品や作家であれば、今後も長く作家として活動をしていくことができるかもしれないということです。『すばる文学賞』や『小説すばる新人賞』を目標にしてみてはいかがでしょうか。