小説の書き方虎の巻!上手な物語のつくり方を伝授

archives

『文学界新人賞』の傾向と対策について知っておこう!

文学界新人賞の傾向と対策は、作品の選び方が似たり寄ったりということがあるため、同時受賞になるという点があります。また、伝わりやすい言葉で素直に書いていくことがポイントです。

新人賞に応募!その際の選考はどの様に行われるのか

一般的に、新人賞の審査は半年ほどかかることが予想されます。1次審査と2次審査と最終選考が行われ、最終選考などでは有名な作家の方が審査をすることがあります。評価の仕方は絶対評価と相対評価とがあります。

プロになれた場合の原稿料や印税といったものはどうなるの?

作家になると原稿料や印税をもらうことができます。原稿料は原稿を書いたことへの収入となり、印税は著作権使用料のことを指します。

小説のそれぞれのジャンルについて考えてみよう!

小説には色々なジャンルがあります。登場人物の感情を細かく描く純文学や、読者を楽しませるための作品であるエンターテイメント小説などがあります。

小説を面白くしたい!そんな時にはどうするか

小説は謎を持たせることでも面白くすることが可能です。また、面白くするなら斬新さを採り入れることや読む際の腰を折らないように誤字脱字に気を付けるといったことが挙げられます。

スランプになった!?執筆に行き詰った時の対処法とは

執筆中に行き詰ったなら、自分の読書量や人生の経験値などのバランスを考えてプロットを考えることも一案です。また、書く場所を変えて気分をリフレッシュすることなども大切です。

作品の応募は一度落ちたら他の賞にしても良いものか

新人賞で一度落ちた作品は、もう他の賞に応募できないと言われることがあります。それは、手直しを加えたものを再度応募したとしても、落とされてしまう可能性もあるのです。

どんなもの?新人賞について知っておこう!

新人賞を取るとデビューのチャンスがあります。出版社や世間からも注目されるでしょう。応募をする賞を選ぶポイントとしては、その賞の受賞者で今も活躍している作家がどの程度いるのかという点が重要です。

作家の仕事だけで生活をしていけるようになるためにはどうする?

作家としてだけで生活をしていける作家は一握りにすぎません。大抵は他の仕事をしつつ執筆をしているものです。作家だけの仕事で食べていけるためには、書き続け売れている作家の真似をすることが大事です。

上を目指したい!プロの作家になるためにはどうするのか

プロの作家を目指すなら、まず人に読んでもらうためにネット上に公開をする方法もあります。また、持ち込みで出版社にアピールする方法もありますが、新人賞に応募をして、受賞したうえでデビューするのが堅実です。

Previous Posts Next posts