小説の書き方虎の巻!上手な物語のつくり方を伝授

archives

作家になるための勉強の仕方とはどんなもの?

作家を目指す勉強としては、進路はどこでも構いません。独学でも学べるのです。とにかく書くことが大事ですが、本を読んで知識を蓄えることや人生の経験を豊富にすることも必要です。

小説家を目指すなら高学歴の方がいいの?

小説家になるには高学歴が有利なのかと思われるかもしれません。確かに、知識などがあるに越したことはないですし、レベルの高い大学を出ている小説家の方もいます。しかし、一概にはそうとは言えないのです。

執筆の際には自身の癖や得意としている傾向を意識することも大事

小説を執筆したての頃であれば特に、自身の好きなジャンルを書くことが大事です。そうすると、書くことの面白さに繋がるからです。書くなら色々な知識が必要となることも理由の1つです。

作家になりたいのであれば作品を書き続けられるようになろう!

作家として続けていくなら、執筆もコンスタントに続けられることが大事です。新人賞に応募をするとしても、きちんとバックアップをしてくれる出版社を選ぶことも必要です。

文章の上達の方法を学べる本を読もう!

文章の上達を学ぶ本を選ぶなら、元の本を小説集にした『箱庭図書館』や、作詞家の方の『「自分の言葉」をもつ人になる 一流の作詞家が伝える文章メソッド』という本などもセンスや美的感覚なども勉強できるでしょう。

お金にしたい!Web小説を公開して収入を得ることは可能なのか

Web小説を公開したなら、それは簡単ではありません。それは、Web小説を好む読者は無料のものを選んで読むからです。小説を自身のサイトなどで公開するとしたら、広告を貼り収入を得るという手段もあります。

作家になりたいなら読書も大切!その方法とは

作家を目指すなら読書をすることも大事です。効率的に読むことがカギであり、自身が書いているジャンルと同じジャンルのものを読むことも適しています。

エンタメ系を書いている方は『すばる文学賞』もねらい目!

エンタメ系の作品を書いているなら『すばる文学賞』も選択肢です。賞金が100万円であることも特徴であり、映画化された作品もあるという文学賞です。

純文学なら『新潮新人賞』に応募する手段もある!

純文学を書くなら『新潮新人賞』に応募することも手段です。現在では選考委員も務めていらっしゃる田中慎弥さんも受賞されている賞です。

どうなっている?『群像新人文学賞』について

『群像新人文学賞』は村上春樹さんや村上龍さんなどといった有名作家をも排出した新人賞です。傾向としては、色々と技巧が凝らされた作品などが受賞しています。

Previous Posts