小説を書いて披露をする場は、昔であれば新人賞への応募くらいしかなかったかもしれません。しかし、今ではネット上にWeb小説として公開をすることのできるサイトが幾つもあります。1つのジャンルに特化しているサイトもありますし、作品に値段をつけて自身で販売することができるサイトもあります。

しかし、Web小説を公開することで収入を得ていくことは可能なのでしょうか。それはあり得ないわけではないのですが、簡単ではないと言えます。その理由としては、読者の方が無料の作品の方を読む傾向にあるということが挙げられます。

Web小説の場合は、少しでも値段がつけられたとしたら読者が減少してしまうケースがあるのです。キャンペーンで売り上げを寄付できるというものがあったとしても、値が付くとそこから読者が途絶えてしまうこともなきしにもあらずです。

どういった人が書いたかもわからない作品を、お金を払ってまでは読む気にならないということもあるのかもしれません。もしWeb小説を公開して値段をつけることで収入を得ようと思うなら、まずは作品を無料で公開してファンを獲得していき、お金を払って購入しても損はないと思ってもらうことが大事になります。

そうしてアクセス数が伸びたなら書籍化をすることができる機会も巡ってくる可能性もあります。なので、まずは面白いと思ってもらえる作品を生み出すことが必要となるでしょう。

Web小説を公開して販売したら小遣い程度なら稼げるだろうかと考えている方もいるのですが、そういった悩みに対しては、同人誌を作ってネット上で販売するという方法もあるのではないかというアドバイスもあります。

同人誌が並んでいるサイトを訪れる方はそもそもも同人誌を購入するつもりでやってくるものなので、もしかして気に入ってもらえれば購入してもらうことができ、収入に繋がることがあるかもしれないということです。

自身のブログやサイトで作品を公開しているというケースでは、ちゃんとした賞をとることや出版社の目に留まることはないという声があります。作品のレベルが高くないということもあり、僅かな値段であってもお金を使うのはもったいないと思われてしまうこともあるのです。

既に出版済みとなっている作品を自身のサイトで宣伝しているなら話は別ですが、そういったデビューをしている方でも、何作も無料作品を公開しているものなのです。ネット小説を良く利用するユーザーは、こうした点にも慣れていることから、プロの域に到達していない方が小説を小説サイトで販売することは好ましくないという見方もあることも覚えておきましょう。

公開するなら、小説を無料にしてサイトやブログの隅にアフィリエイトを張り付けるなどといった方法が適しているかもしれません。グーグルアドセンスなどといった広告を貼るといったシステムもありますが、こういったものでもクリック報酬型であれば自身の小説サイトの訪問者が興味を持ちクリックをしてくれれば、それが報酬となることがあるのです。

試してみてはいかがでしょうか。